【次回も食べたい一品】ヘーゼルナッツのシンプルかつエレガントな味わい~LES FRÈRES IBARBOURE レ ルーレ ノワゼット~

ケーキ

バレンタイン間近になり、チョコレートのイベントが盛り上がってきました。

今回もサロン・デュ・ショコラで購入したものを紹介していきます。

こちらはサロン・デュ・ショコラPART2で購入しました。

今回のブランドは、恥ずかしながら全く知らないブランドで

説明文やパティシエの経歴などを読み

食べてみたい!!と心から思いました。


その気になったブランドの名前は

LES FRÈRES IBARBOURE(レ・フレール・イバーブー)


どのようなブランドなのか簡単に紹介したいと思います。

LES FRÈRES IBARBOURE(レ・フレール・イバーブー)について

Instagram:@freresibarboure

国:フランス、バスク地方・ビダール
シェフ:パトリス・イバーブー 氏

『父と叔父が始めたホテル&ミシュラン1つ星レストランを家族で運営。
兄のシャビ氏がレストランの料理を担当、弟のパトリス氏が2019年にM.O.F.を取得したシェフパティシエ。』

(サロンデュショコラ2024 カタログより引用)


それでは早速レビューしていきます。

レ ルーレ ノワゼット

LES FRÈRES IBARBOURE
レ・フレール・イバーブー

レ ルーレ ノワゼット
1本 11,880円

『ビスキュイジョコンドの生地にヘーゼルナッツのパータタルティネを狭んで巻いたケーク。
ヘーゼルナッツの風味が口いっぱいに広がります。』

感想

ヘーゼルナッツをシンプルに味わうケーキ!

外側はナッティなチョコレート。

皮付きナッツを使ったスポンジはほろ苦く、甘いヘーゼルナッツのチョコペーストとよく合います。

生地はしっとり、もっちり。

生地とチョコペーストが薄く均等に巻いてあるので、口溶けがとっても良いです✨

中心のヘーゼルナッツプラリネは、飴の食感が繊細で、塩が効いています。

シェフのパトリス・イバーブー氏が、M.O.F.の一次審査で制作したガトー。

びっくりしたのは、外側のチョコレートは、薄いチョコレートを巻いていること!

チョコをかけるほうが簡単そうなのに、1ミリくらいのうす〜いチョコレートを手作業で巻いているそうです。

手間をかけて、技術の全てを見せつけてくるケーキ。

食べれて良かったです🥰

来年も食べれる機会があれば、ぜひ購入し他の味を食べてみたいなと思います。

いかがでしょうか。
今後も有益な情報も配信していきますので
参考にしていただければと思います。

「こんなスイーツ紹介してほしい!」とか
「このスイーツ食べてみて!!」など

ご要望があればご連絡ください。
では、よいスイーツライフを!

すいぼうや

Follow me!